クリミナル・マインド1-5「双子令嬢の誘拐」のあらすじと感想

クリミナル・マインドシーズン1の5話「双子令嬢の誘拐」のあらすじと感想を書きます。

その前にクリミナルマインドと言えば格言なので、そこから紹介します。

「双子令嬢の誘拐」に出てきた格言

1人の善人が傷つくとき、すべての善人が共に苦しむことになる。
– エウリピデス (ギリシャ三大悲劇詩人の一人)

愛情が度を過ぎると、人は名誉も存在価値も失う。
– エウリピデス (ギリシャ三大悲劇詩人の一人)

 

「双子令嬢の誘拐」のあらすじ

「双子令嬢の誘拐(Broken Mirror)」は、パーティーから帰る途中のカップルが不審な車を発見するところから始まります。

この不穏な発見はすぐに、ニューヨークの副検事総長であるダヴェンポート氏の娘、パトリシア(役名)を巻き込んだ複雑な誘拐事件へと発展します。

物語は、犯人がパトリシアの父親ではなく、双子の妹シェリルと話をすることを要求した時に、一気に緊迫した方向へと向かいます。

事件の捜査を担当するのは行動分析課(BAU)。

ジェイソン・ギデオン(マンディ・パティンキン)とアーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)が率いるチームは、誘拐犯とのにらみ合いに直面します。

犯人が身代金に興味を示さないことから、BAUは本当のターゲットがシェリル自身かもしれないと推測します。

若くて天才的なプロファイラー、スペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)は、犯人が恋愛妄想の一種であるクレランボー症候群に悩まされている可能性を示唆します。

この洞察は捜査の新たな方向を示し、ナルシストである犯人の特徴を明らかにし、彼を罠にかける巧妙な計画へと繋がります。

犯人は、BAUの時間稼ぎの戦術に激怒し、知らず知らずのうちに重要な情報を漏らしてしまいます。この発言が手がかりとなり、チームは犯人がニューヨークFBI事務所内の誰かであることを突き止めます。

犯人はシェマー捜査官、ニューヨーク支局からの出向者でした。

エピソードのクライマックスでは、シェリルがシェマーに直面し、彼の執着が明らかになります。

劇的な救出劇の中で、エル・グリーンウェイ(ローラ・グローディーニ)がシェマーを捕らえ、身体的な能力と戦術的な知識の両方を駆使します。

BAUチームがパトリシアを無事に救出し、誘拐犯を逮捕することで締めくくられます。

「双子令嬢の誘拐」の感想

「双子令嬢の誘拐」は、「クリミナル・マインド」の特徴を色濃く反映したエピソードです。心理分析とドキドキするアクションが見事に融合しています。キャラクターの発展がこのショーの強みであり、このエピソードも例外ではありません。感情的なJJ(A.J. コック)から

冷静なホッチナーまで、BAUの各チームメンバーが犯罪プロファイリングにおいて重要な役割を果たしています。

このエピソードでは、キャラクターたちの個人的な生活にも焦点を当て、特にホッチナーの家庭生活と仕事とのバランスに関する今後のストーリーラインを示唆しています。これらの人間的要素が物語に深みを加え、ただの手続き的なドラマ以上のものにしています。

エピソードの敵役は、当初は典型的な犯罪者として描かれますが、最終的には複雑な心理的背景を持っていることが明らかになり、犯罪行為の背後にある人間心理を理解しようとするシリーズの焦点を示しています。クレランボー症候群などの心理学理論の使用は、スリリングなプロットに教育的要素を加えています。

このエピソードは、「クリミナル・マインド」の本質を体現した魅力的なエピソードです。犯罪の追跡の興奮とプロファイリングの知的な挑戦を、BAUチームの魅力的な個人的物語と組み合わせています。

「双子令嬢の誘拐」の製作スタッフ

ゲスト:メレディス・モンロー「ドーソンズ・クリーク」
脚本:ジュディス・マククリアリー
監督:ガイ・ノーマン・ビー

クリミナル・マインドが見れる商品

クリミナルマインドDVDボックス

アマゾンブライムビデオはこちらのリンクからご覧になってください。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 (吹替版)

 

タイトルとURLをコピーしました