クリミナル・マインド1-6「スナイパー」 L.D.S.K.のあらすじと感想

クリミナル・マインド1-6「スナイパー」 のあらすじと感想を書きます。

その前にクリミナルマインドと言えば格言なので、そこから紹介します。

「スナイパー」に出てきた格言

不合理というのは、何かの存在があり得ないことではなく、状況があり得ないことを言う。
– フリードリヒ・ニーチェ (ドイツの哲学者・古典文献学者・思想家)

注目されたいという願いほどありふれた願いはない。
– ウィリアム・シェイクスピア (多くの名作を生んだイギリスの劇作家・詩人)

「スナイパー」のあらすじ

このエピソードは、特異な連続狙撃事件から幕を開けます。被害者はすべてお腹を撃たれており、これが犯人の意図的な行動なのか、単に射撃技術の不足なのか、疑問を投げかけます。このような独特な攻撃パターンは、BAUチームにとって新たな挑戦となります。

心揺さぶる犠牲者の描写

エピソードはラグビーを楽しむ親子の描写から始まり、親が突然被害者になる様子が、視聴者の感情を強く動かします。このシーンは、狙撃事件の冷酷さと、それによって引き裂かれる家族の絆を浮き彫りにします。

チームメンバーの成長

BAUのチームメンバー、特にスペンサー・リード(マシュー・グレイ・ギュブラー)の成長が印象的です。彼の射撃練習のシーンでは、リードの不器用さが露わになりながらも、アーロン・ホッチナー(トーマス・ギブソン)の指導によって少しずつ成長していく様子が描かれています。この成長過程は、リードのキャラクターに深みを加えると同時に、チームの結束力を強化します。

予期せぬ伏線

エピソードの中で、リードが的のお腹を射撃するシーンは、後に重要な伏線となります。また、ホッチがリードに教えた「人を殺すのに銃はいらない」というギデオン(マンディ・パティンキン)の言葉も、後の展開に深い影響を与えます。

犯人の真の動機

犯人はLDSK(長距離連続殺人犯)と特定され、その異常な動機が明らかになります。犯人はヒーロー願望を持ち、被害者を救うことで自己満足を得ようとしていました。この発見は、BAUチームにとって重要な転機となり、事件の解決につながります。

終盤の緊迫感

エピソードのクライマックスでは、リードとホッチが犯人との直接対決に臨みます。このシーンでは、リードの射撃技術とホッチの戦術が見事に融合し、犯人を捕獲します。この緊迫した展開は、視聴者に強い印象を残します。

「双子令嬢の誘拐」の製作スタッフ

脚本:アンドリュー・ワイルダー
監督:アーネスト・ディッカーソン

クリミナル・マインドが見れる商品

 

アマゾンブライムビデオはこちらのリンクからご覧になってください。

クリミナル・マインド/FBI vs. 異常犯罪 (吹替版)

タイトルとURLをコピーしました